これまでの歩み

AWAODORI CAMP2017-阿波おどりキャンプ-

2017/12/29


(開催日)

2017年8月12日~8月13日   旧県立聾学校跡地

IMG_4869

(事業実施に至る背景)

徳島は日本三大盆踊りの一つである「阿波おどり」や「藍染」「人形浄瑠璃」などの伝統文化に加えて、今年ラフティング世界大会が開催される世界レベルの激流「吉野川」をはじめとする豊富な自然環境など、世界に誇れる観光資源を多く有しています。にもかかわらず、宿泊旅行者数は日本最低県であり、観光庁の宿泊旅行統計でも毎年のように47位を記録しています。発信・PRが不足しているとともに、書き入れ時である阿波おどり時には宿泊施設の不足が問題となっています。

(目的)

・世界的に認知される観光コンテンツである阿波おどりにアウトドア愛好家たちを誘客し、阿波おどり時の新しい滞在方法を提案し、徳島が誇るアウトドアフィールドや観光資源をPRする。

・県外のメディア・有識者と県内のアウトドア事業関係者をマッチングさせ、通年で宿泊を伴うアウトドア観光の発信・開発ができる連携を図る。

・阿波踊りキャンプを通じ、現在徳島の抱えている「宿泊施設不足の解消」を促し、新しい滞在の手法を提案する。

IMG_5071

(結果)

結果として中規模のホテル1軒分に相当する300人を超えるお客様にご宿泊いただき、阿波踊りと徳島の観光資源を知っていただくことができました。参加されたお客様からも「来年も開催してほしい。」等の嬉しいコメントを多く頂戴し、事業の効果を強く感じることができました。また、当事業では当初から多くの県内外のメディアから注目をいただき、事業前後で広く周知拡散を図ることができました。徳島県をはじめとする行政各所からも高い評価を頂戴し、次年度以降の継続開催への強い期待を感じました。今年度の成功を踏まえて、それら関係各所へ提言書を提出し、今後より大きな事業に育てていくことで、宿泊観光客数を増加させ、キャンプをはじめとするアウトドア観光で徳島を盛り上げていきたいと思います。

徳島青年会議所