財政委員会ブログ

多死より多子がポジティブシンキング!!

2019/03/31


皆さんこんにちは、財政委員会 委員長木内です。

財政委員会3月の活動報告としましては、担当例会の2月例会も終わり2月例会の結果を検証しつつ、各委員会から上程される議案の予算面に関してチェックしています。

ブログに載せるようなことが無いような地味な活動中の3月初めに

藤川直前理事長より電話があり

「3月18日の夜って空いてますか?」

木内(えっ?急に何だろう?焼肉?)

藤川直前理事長「たししゃかいについてのディスカッションがあるので参加してもらえませんか?委員会メンバーも連れてきてもらえたら・・・」

木内(たししゃかい?)「了解しました。ちょっとスケジュール調整してみます。また連絡します。」

 

木内(たししゃかいって何?ネット検索・・・ あぁ多死社会かぁ~。シノラーでも誘って行こう)

という事で3月9日に行われた「公益社団法人日本青年会議所 四国地区 徳島ブロック協議会2019年度 第1回 徳島ブロック協議会」に参加する為、篠原副委員長と脇町のオデオン座に向かっている車中で

木内「シノ3月18日って空いてるよなぁ?多死社会のディスカッションあるから行こうなぁ」

篠原副委員長「多死社会って何ですか?」

っていう感じで多死社会について語りながらブロック協議会に参加してきました。

01526FEB-5665-4463-A892-80C6DA509789

2019年も3ヶ月が過ぎ最近嬉しく思うのが篠原副委員長の出席率の高さなんです。もう一人の大汐副委員長は元々参加率も高く頼りになるのは分かっていましたが、嫌がる篠原副委員長を半ば強引にでも副委員長にして本当に良かったと思います。

最近は口を開けば「今年だけですよ。」と言いながらも委員会、例会、理事会出席率100%さらにブロックの行事にも参加してくれています。

 

話は多死社会に戻りますが、なんと3月15日の正副理事会参加中に多死ではなく多子社会だったことに気づく・・・

「多子社会の実現へ向けた国民討議会」に参加しましたが多子社会が実現するには、安心して子育てが出来る制度や環境が必要で多子社会の実現が明るい豊かな社会の実現には必要だと感じました。

 

今回は画像少なくてすいません。

最後にサッカー・ゴルフの誘いにはNoと言わない篠原副委員長と参加した。全国シニアサッカー大会前の調整練習試合。現役vsシニア、結果は1対1の同点。全国大会前の良い調整になったと思います。当日応援には行けませんが徳島の地より応援しています。

 

最後は篠原副委員長の写真でさようならです。

IMG_3849

 

 

 

 

 

徳島青年会議所