2017.04.06財政委員会

ビジネスモデル・キャンバスって何? 編

徳島青年会議所のHPに掲載されるという事で、ヒッジョ~💦に緊張しております!
TOP画はカッコよく撮れているでしょうか?

あっ💥申し遅れました。
わたくし、二代目津田の六右衛門と~申します。
先日、ビジネスモデル・キャンバスを使った2月例会に特別出演してから早くも2回目の登場でございます(^^)

今回、財政委員会の副委員長である音瀬直輝氏から、一緒に徳島青年会議所のブログ記事を作成するオファーをいただき、たぬきそば+出来高で基本合意しました(^^♪
出来高は、皆さんの閲覧数が1回増えるたびにたぬきそばが1杯加算されます。
わたくしの胃袋を満たすためにも、ぜひ皆さんシェアを!よろしくお願いします!

皆さんは「ビジネスモデル・キャンバス」って聞いた事ありますか?
おそらく、ほとんどの方が聞いた事がないのではと思います。

でも実は今、ビジネスモデル・キャンバスは世界中の有名企業(Google、NTT等)が取り入れている最先端の経営手法なんです。

↑これがビジネスモデル・キャンバスです!
全部で9つのブロックで構成されているのがわかりますか?
ビジネスモデル・キャンバスは会社組織の活動を9つに分類し、それぞれの要素がどのように関わりあっているかを描き出すことができます。

・・・ちょっと難しいですね💦
では、言い換えます。

このビジネスモデル・キャンバスを導入した企業は、軒並み業績を伸ばしています!

そして、ビジネスモデル・キャンバスのすごい所は、売上を上げるだけでなく、会社の強みやウリ、人材育成や社内環境整備まで解決してくれるんです!

つまり、経営者だけでなく部署単位、プロジェクトリーダー、従業員といった会社にいるすべての人達がこのビジネスモデル・キャンバスの紙1枚を使う事で考えを共有できるというわけです。

そう聞いただけで何だか興味が湧いてきませんか(^^)/

興味はあるけど大企業が取り入れている手法なんで難しそう・・・と思われるあなた!
逆なんです!
共有する事が大切なので、ビジネスモデル・キャンバスはとっても簡単なんです。

このブログを読むだけで皆さんも簡単に作成できるようになりますよ。
実際の作成手順は、次回のブログをお楽しみに~(^O^)

ページトップへ